2020/06/08
最近利用者さまの中で便秘をするというお声が増えてきました。便秘にも様々な原因はありますが、最近の要因は外出自粛で体を動かす機会が減り腸が刺激されずに起きているものだと思われます。そうした方々を触らせて頂くと腹部や下肢の筋力が低下しているのがわかります。腸内細菌が脳の働きと関係しているという研究もあるため便秘で腸内環境が低下することは単に消化器の環境悪化だけではなく、思考力の低下などにもつながります。なるべく早い段階で解消させる必要があります。 便秘に対しての施術方法はいくつかあり、まずは腹部マッサージを行います。図にある時計回りの軽擦(皮膚をなぞるような軽く擦る手技)から始まり、状態によっては少し大きく動かしていき腸へ刺激を与えていきます。同時に下肢の手技やストレッチも行います。 また鍼灸では上下肢や腹部、背部のツボへ施術します。有名な足三里(あしさんり)も便秘に有効です。 利用者様へのセルフケアとしては上図の軽擦や腹式呼吸、足腰を中心とした自宅で出来る運動やストレッチを指導します。これでだいぶ改善されるはずです。腸内環境を整えて頭も体もスッキリした生活を送りましょう! 

2020/05/07
「病は気から」と昔から言うように東洋医学の表現に「気」というものがあります。気が充実している状態は「正気(せいき)が強い」とされていて、これは現代でいう病気に対する抵抗力や自然治癒力が強いことを指します。人体には様々な気があるとされていますが、それらが充実しお互いを助け合うことで正気が満ち足りている状態となるのです。...

2020/04/23
鍼灸刺激は免疫に関わる物質の産生促進や免疫系の組織・器官へのアプローチ、局所の防御系の活性上昇、及びストレスにより誘発される免疫抑制防止解除などの効果があるとされています。...
2020/03/16
東洋医学は身体全体を診る医学です。 身体の組織が独立し合っているのではなく、常にお互いに連絡し合っていると考えています。 そのため西洋医学のように臓器それぞれに対して専門家がいるわけではありませんが、身体内部の関係性を重視して全体を整えていくことを得意としています。...
2020/03/16
以下のブログに追記しました。 「東洋医学 経絡経穴」に追記1と追記2という形で補足があります。
東洋医学 · 2020/02/10
皆さんは東洋医学の考えに「経絡(けいらく)」や「経穴(けいけつ)」というものがあるのをご存じでしょうか? それはまるで身体という都市の中に張り巡らされた線路と駅のようです。 経穴(いわゆるツボ)は駅です。一つ一つの経穴という駅間を結んでいるのが経絡という線路だと想像してみてください。...

2020/01/08
皆さん、明けましておめでとうございます。 本年も宜しくお願い致します。 年末年始はゆっくりされましたか? 私達もそうでしたが、9日以上の連休を取られた方が多く帰省や旅行に行かれたのではないかと思います。...
2019/12/23
今年の冬至は12月22日でした。 最近は日が暮れるのが本当に早いと思う毎日でしたが、これからまただんだんと、ゆっくりと日が長くなってくるのですね。 皆さんはそんな冬至の日には何か特別なことをされましたか? 一般的にはかぼちゃを食べて、柚子湯に入ることですよね。 冬至の2~3日前はスーパーでたくさんのかぼちゃと柚子を見かけました。...
2019/11/19
こんにちは。 最近「腸と脳」に関する本を読みました。 腸は今まで消化に関わるだけと考えられてきましたが、最近の研究では腸はその他にも免疫に関係していたり思考にも携わっていることがわかってきたようです。...
2019/10/30
こんにちは。 突然ですが、私は最近「亜麻仁油」を摂り始めました。 理由は最近の食習慣が不規則で動物性脂肪を多く摂り過ぎている気がしたので、その対策の一つとしてです(笑)。 まだ食べ始めて数日ですが、とりあえずお腹の持ちが良くなった気がします(時間が経ってもそんなに空腹感がない)。 亜麻仁油ってここ数年で注目されている食品の一つですよね。...

さらに表示する